本文へスキップ

                      

TEL. 03-5471-0531

〒140-0013  東京都品川区南大井3-15-5



誠和製本株式会社

会社名:誠和製本株式会社
本社:東京都千代田区西神田3丁目1?3 ウィンド西神田ビル 4F
電話:03-3261-5161
誠和製本株式会社は、今年9月にウエブテック株式会社の折丁検査装置「ALMAGIX2000R」を戸田工場(埼玉県戸田市美女木)に導入し、より確かな品質管理体制を構築、顧客から大きな信頼を得ている。

同社は、昭和19年に創業。大手出版社からの仕事を中心に、各種月刊誌・週刊誌・コミック等、月平均500万部にのぼる製本を手がける。

従業員は約50名。保有設備は、中綴じ機3台(8駒/17駒/14駒)、無線綴じ機4台(24駒/32駒が3台)、断裁機3台などを揃える。

このうち、ウエブテック(株)の「ALMAGIX―2000R」は中綴じ機2台(17駒/14駒)に設置されている


                   


導入にあたり、杉田幸光取締役工場長は「当社の社長は、少子高齢化の時代を迎え人集めが困難になり、アルバイトでも一定の品質の本を生産できるようにカメラの設置が必要不可欠になると考えていた。

ALMAGIXは、過去に2ヶ月ほど無線綴じ機に取り付けてテストを行ったことがある。良さは肌で感じており、あとはタイミングだけだった」と経緯を説明する。すでに、杉田社長の読み通り人手が不足することで夜間や休日での仕事が増加傾向にあり、品質の維持が課題になっているとのこと。

同社では導入以前から、乱丁検知機やウェイトチェッカーなどで検査をしてきたが「コミックは1色で絵柄が多いため、今まで問題は起こらなかったが、雑誌で文字が多い場合や紙に色が付いていると、若干難しい部分があった。

特に最近では100万部のうちの1部でもミスは許されない非常に厳しい時代になった」(杉田工場長)と、より徹底した品質管理の必要性を口にする。



                   


「ALMAGIX―2000R」導入後には「非常に細かい文字も確実に見てくれ、セッティングもカメラ位置や許容範囲の調整のみで時間が掛からない。見学に来るお客様にも納得してもらっており、当社の強みとして宣伝している。

カメラが付いていることで安心していられる」と設置後約1ヶ月にして得られた効果に杉田工場長は笑顔を見せる。もちろん、現場のオペレーターの評価も同様である。今月には無線綴じ機(32駒)に最上位機種である「ALMAGIX―SUPER」の設置が決定していることからも、ALMAGIXに対する同社の期待の大きさを窺い知ることができる。

一方、社内の品質管理体制にも注力している。「統計をとってみると、ゴールデンウィークやお盆休みなど長期の休みの前後で間違いが起こりやすい。そのような時期は特に強化月間としているが、日頃から集中して作業を行うように従業員同士で注意を促すようにしている」と杉田工場長は話す。加えて、オペレーターには5分・10分毎にチェックシートに記入し提出させている。これらの管理体制は、以前ISO9001の認証を取得した際に構築したもの。杉田工場長は「品質マニュアルを作成し、しっかりとした体制がシステムとして確立している。そのため、継続することはやめたが、今でも誠和さんなら安心だとお客様から言っていただいている。しかし、それに甘んじていると、せっかく築いたものが崩れてしまう。崩れるのは簡単だが元に戻すことは非常に困難。やはり信用が第一」と気を引き締める。

また、「今の若者は自分で工夫することをあまりしないように感じる。自分がオペレーターをしていた時にはメーカーさんに教えることもあった。そのような人材が数人いて会社を引っ張っていかないとならない」(杉田工場長)と先を見据えた人材育成を強化すべきポイントに挙げる。 創業から60年以上にわたり顧客から大きな支持を受けている誠和製本(株)。今年12月上旬には中綴じと無線綴じの全機にカメラを搭載し、さらなる管理体制の強化が行われる。「創業当時からお客様第一を掲げ、仕事に対してプライドをもってやってきた。当社の社長は常に『お客様は1冊しか購入しない。それだけ大事に製本をしなければならない』と話している。その気持ちはこれからも失ってはいけないこと」(杉田工場長)と話すように、同社では今後も従業員が一丸となり1冊ずつに想いを込めた本作りに取り組んでいく。


同社が導入した「ALMAGIX―2000R」は、高機能、集中制御型にもかかわらず低コストを実現しているアルマジックスシリーズのベストセラータイプ。折丁を流れの中で検出センサーが撮影タイミングをキャッチし、映像を検査するため、どのような丁合機にも設置でき、非常排出と連動させることで製本ラインを停止させずに乱丁本のみを排出する効率的なシステムの構築を実現する。また、検査履歴や検査枚数合計、NG画像、各駒NG枚数が保存でき、オプションで非常排出演算ソフトプログラムと検査モデル自動抽出機能が用意されている。

バナースペース